軽井沢移住LIFE

東京生まれ東京育ちの私と主人。母と犬達を連れて、思い切って軽井沢に移住しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

土地さがし②

不動産仲介のKさんに連れていってもらいながら、中軽井沢を中心としたエリアを見てまわると・・・。

見ていると、同じ定住の家でも、元々軽井沢にいらした方の家と、移住組の家が外観から分かる事に気付く。
やっぱり、なんか造りが違うのだ。
造りっていうか、デザイン。

移住組が、軽井沢に何を求めて、どんな暮らしや家を思い描いて来たのか、一目でわかる感じ。

やっぱり、うちも、あんな感じになるんだろうなぁ~。



そうやって見ていく中で、太郎山というエリアに気にいる土地を見つけた。

太郎山は中軽井沢からも程近く、千ケ滝西別荘地にも隣接していて、暮らすにも散歩するにもいい環境。
うちには犬が2頭いるので、日々のお散歩コースが確保できる事は必須条件なのです。

そこは600坪の広々の土地(というか広すぎ!)で、価格も同エリアの中では割と破格でした。
ただ、まったく手付かずなので、一面に鬱蒼とした木々が立ち、中までは見通せない。

でも、場所と価格の条件から、「やっぱりココだ!」と思い立ち、購入意思を売主側に伝える購入申し込み書を書いたのでした。


それから数日後。

先日、購入申込書を書いた時は夫婦だけで土地を見に行ったので、念のため母にも事前に見せる為に、母と私で車を飛ばして軽井沢へ。

不動産屋さんには連絡せず、2人だけで見に行ってみる。

すると・・・・土地を一目見た母から・・・・

『木が多すぎる』の一言。

・・・・・・え????・・・・・いま何て???

軽井沢に移住を試みる者として、それは言ってはいけないのでは??と思ったけど、母曰く
・木立はほしい
・ほしいけど、限度がある
とのこと。

たしかに、その土地は、600坪自体が鬱蒼とした林な上に、その土地を取り囲むように隣地もすべて鬱蒼とした林だった。
その時は夏だった為、尋常じゃない量の蚊にも取り囲まれてる。

といった出来事もあり、不動産屋さんにお詫びをし購入申し込みをキャンセル。
新たな土地の条件として

程良い木立があること。
明るい森の中であること。

が追加されました。


新たな条件でまた物件を探してもらううちに、軽井沢もエリアによって木々の植生が違う事が分かり、私達が求める森の感じは、どうやら追分周辺に多い事が判明。

駅から距離があるから…という理由で外していた追分だったけれど、そんなこんなでアッサリと候補エリアに(夫よ、すまん)

そして最終的に見つけたのが、この土地!
何回も物件探し連れていってくれた業者のKさんも、「ここはとっておきです」といって紹介してくれた土地。

夏の様子
土地(夏)

冬の様子
土地(冬)

あと、何が気に入ったって、土地から100Mくらい歩いただけで、急に辺りが開けてこの景色。
散歩道①

浅間山も、とても綺麗に見えます。
散歩道②


最後の決め手は、とても居心地がよかったというか、フィーリングが合った事。
土地も、妙にしっくりくる場所と、何故か居心地が悪い場所があって、ここは本当に居心地がよかった。


というわけで、2010年11月にこちらの土地の購入に至ったのです。
スポンサーサイト
[ 2011/04/18 23:59 ] 土地 | TB(0) | CM(2)
うちは三笠です。
狭いけどね(笑)
長野でも会おう!!( ´ ▽ ` )ノ
[ 2011/04/21 23:36 ] [ 編集 ]
No title
taka☆さん
三笠なの?
さすが、高級エリア(笑)
長野で遊びましょーー!!!
[ 2011/04/22 20:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。