軽井沢移住LIFE

東京生まれ東京育ちの私と主人。母と犬達を連れて、思い切って軽井沢に移住しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

美ヶ原

今日は、旦那はんのお仕事がお休み。
という事で、初の、軽井沢以外のお出かけへ


行き先は、かねてから行きたかった美ヶ原高原とビーナスライン。
子供の頃に「行った」という記憶はあれど、どんな所だったかはサッパリ記憶になし(^^ゞ
なので、出発前から楽しみでした~。


早朝家を出て、ナビを頼りに白樺湖へ。
1つ残念なのは、軽井沢から白樺湖方面は高速がないので、延々下道を行かなきゃいけない事。
片道、だいたい2時間くらい。
信号があったり、山道だったりで、高速を走るより疲れます。

それに、まだ軽井沢以外は土地勘もなく道も知らないので、ナビに言われるがままに進むしかないのが・・・なんか嫌(笑)
・・・とかなんとか言いつつ、行きの道中の半分以上は助手席で爆睡だった私。
旦那はん、あいすみませんでした。


そして、約2時間弱。
いよいよビーナスラインに入る所から、運転をバトンタッチ。
曇り空とはいえ、素晴らしい景色です。

が。
いかんせん、わたくしが運転手な為、写真はナシ。

それに、車山高原から美ヶ原にかけての道は、なんというか・・・容赦のない標高のあがり方。
日光のいろは坂とかが、かわいらしく思えるような道の傾斜。
ヘアピンカーブしつつ、更に遠慮のない傾斜。
相当アグレッシブに攻めさせて頂きましたm(__)m


そして、美ヶ原高原の山本小屋駐車場に到着です。
ここからは、こんな感じで、いろいろと高原の中を進むコースが。
RIMG0001_convert_20110607212357.jpg
どこまでとは決めず、とにかく出発~。


正直、美ヶ原がこんなに美しい所とは知らずに、ビックリ。
本当に爽快な景色。
見渡す限りの草原や山々。

牧歌的というか、まるでスイスのようだぁ~なんて思ったり・・・。
RIMG0014_convert_20110607224430.jpg

RIMG0020_convert_20110607224620.jpg

RIMG0021_convert_20110607224738.jpg


この見渡す限りの草原は美ヶ原牧場として、牛や馬が放牧されていて。
壮大な景色の中でゆったりと草をはむ馬や牛の美しいこと。

牛さんとたわむれたり・・・。
RIMG0024_convert_20110607224655.jpg
(この後、柵越しに、ロコさんリカさんは牛にストーキングされたり…)


そして、ハッと気付くとすでに2Kmくらい歩いていて、すぐに引き返しても計4Km。
「大丈夫かなぁ」と心配しつつ戻る途中で、案の定リカさんがリタイヤしてしまって。
4.8Kgのリカさんを抱っこしながらの散歩は、単に標高2000Mで行われた「負荷をかけたお散歩」

これはもはや高地トレーニングでは?


そして、最後のアクシデントは帰路にも・・・。

楽しくもハードなお散歩を終え、ビーナスラインを白樺湖まで戻り、そこから普通に軽井沢まで帰る予定が。
昨夜ネットで調べた軽井沢までのショートカットの道を試してみたくて、来た道とは違う道を入り、『大河原峠』経由の山越えの林道を選択したところ・・・。


見事に迷った。


道は車1台がやっとの幅になり、木々は鬱蒼と茂り道も薄暗い。
ガードレールのない片側は、よくよく見れば崖・・・。
どこまで行っても車1台すれ違わず。
道のアスファルトも、いたる所から雑草が生え、ほとんど車が通ってない形跡が・・・。

そんな道を夫婦で無言になりながら30分くらい走った時、旦那はんがポツリと
「ねぇ・・・・こういうの・・・遭難って言うよね」


違いますっ。
違いますって。

やめてくれって

なんとか旦那はんを励ましながらしばらく進むと、崖の下の方に家が見えたっ!!!
2人で喜びながら下っていくと、それは廃墟になった温泉旅館・・・。

心折れそうになりました。


なんとか、その後、本当の(人が住んでいる)家を発見し、胸をなでおろしながら国道に辿り着いた私達。
今後ナビに逆らわない事を堅く誓った次第です。



そんな今日1日。
いやぁ、長野ってデカい。


ポチッと応援お願いします。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
[ 2011/06/08 00:07 ] 生活 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。