軽井沢移住LIFE

東京生まれ東京育ちの私と主人。母と犬達を連れて、思い切って軽井沢に移住しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

信濃追分馬子唄道中

7月にもなると、色々な所で夏祭りが行われていますが、

今日は地元追分で、『信濃追分馬子唄道中』が行われました。

去年から軽井沢住民でしたが、去年はなんとなく行かず(^^ゞ

今年が初です。

やっぱり、地元民ともなれば一度は見ておかなきゃ。




とはいっても、恥ずかしながら「馬子唄道中」って何のことだか

さっぱりでしたので、行く前に少々お勉強を。

要は、馬追いが馬を引きながら歌う唄の事で、民謡の一種なんですね。

馬追い歌とも言われるとか。

有名な馬子唄には、この追分馬子唄の他に、箱根とか小諸とかも

あるそうですよ。・・・とウィキペディアさんは言ってます(笑)



ふんふん、そうですか~と思って、見学してきました。




地元の浅間神社が祭り会場で、いくつか露店も出てました。

メニューは見慣れた物ばかりだったけど、東京と比べて

やたら安いのにびっくり。

焼きそば200円、フランクフルト100円は良心的だわ~。

こういう焼きそばは500円が相場かと思っていたわ(^^ゞ





さて、肝心の馬子唄道中が始まる前には、太鼓のパフォーマンス。
RIMG0324+(2)_convert_20120722135442.jpg


予定時間を少々遅れて、馬子唄道中がスタート。
RIMG0330+(2)_convert_20120722135610.jpg


こっこれは、黄門さま・・・風・・・??
RIMG0333+(2)_convert_20120722135731.jpg


スピーカーから大音量で馬子唄の民謡が流れる中、江戸時代当時の

馬追いの様子を再現した一行が通ります。

メインとなる、「馬追いに引かれる馬に乗った侍」に扮した一団が

数パターン連なる間に、途中、「なぜ水戸黄門?」と腑に落ちない(笑)

こともありますが、そこはローカルなお祭りの愛嬌って事でしょうか(^^ゞ




大きなお祭りの派手さはないですが、地元の方々が中心でやってる

ほのぼのした空気感が特徴ですね。

隣町御代田の「龍神まつり」はドえらい派手なお祭りと聞いているので

その差を楽しみに、そちらも行ってみたいと思います~。




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[ 2012/07/22 14:20 ] 生活 | TB(0) | CM(2)
私も行きました
はじめまして。
私も初めて馬子唄に行きました。こじんまりとしていたけど、それがまた楽しかったです。
私は実家が御代田で今は佐久市に住んでいます。今更ながら軽井沢は素敵な所があるんだな、と参考にさせてもらってます。
週末の龍神祭り、私も行きます。毎年雨なので晴れるといいです。
[ 2012/07/24 04:42 ] [ 編集 ]
Re: 私も行きました
はなにこさま

はじめまして。コメントありがとうございます。
馬子唄行かれたんですね~。
あの、こじんまり具合がある意味いい感じなのかもしれませんね(笑)

佐久にお住まいなんですね。
私の住まいは、軽井沢の西の端ですから、買い物ではしょっちゅう佐久に行ってますよ~。
買い物という意味では、色々あって佐久の方が便利です。

龍神祭り、お天気がいいといいですね。
ド派手だと人から聞いているので、楽しみにしています。
[ 2012/07/24 16:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。