軽井沢移住LIFE

東京生まれ東京育ちの私と主人。母と犬達を連れて、思い切って軽井沢に移住しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

犬と暮らす家②

本日、設計士の方と打ち合わせがありました。

我が家のテーマ『犬と暮らす家』。
今日決まった、いくつかの犬用の工夫を書いてみます。


<トイレの場所>
これまでの家では、LDKの一角に簡易サークルを置いてトイレとしていました。
が、あくまでも「ただ一角に置いてある」だけなので、いまいち部屋がスッキリしない(;一_一)

新居ではきちんとトイレがおさまる場所を・・・と思ってましたが、LDKの階段の下に置く事にしました。
今度の家は、LDKが吹き抜けになっていて、その部分に階段がつく室内階段になります。
階段下を塞いで収納にしてもよかったんですが、階段の幅がトイレサークルにちょうどよかった事もあって、階段下にトイレの専用スペースを作る事にしています。

また、トイレ以外の部分は棚板をつけて、上の段にはトイレシートや室内で遊ぶオモチャなどを収納。
下の段には、クレートを置いたり、ドッグベッドを置けるように。

というわけで、階段下をペット専用スペースとする事になりました。

<飲水・食事スペース>
今度の家は、東西に長い形のLDKを予定していて、LDKの東側がダイニング・キッチンで、西側が吹き抜けのあるリビングです。

ワン達が食事をするのはおのずとダイニングスペース側になりますが、水を飲んでこぼしても、食事を食器から落としても床の汚れや濡れが気にならないようにしたい。

そこで、LDKは基本的にフローリングを予定してますが、ダイニングの南の窓側1Mくらいを全部タイル貼りにして、そこをワンコの食事スペース及び水置き場とする事にしました。
これで、いずれどんなに口元たるたるパッキンのゆる~い子が家族になっても、床の汚れを気にせずに済みます(*^_^*)


<ゲート>
今度の家の中のあらゆる扉は、玄関扉以外すべてをスライド扉にしています。
うちの犬は小型犬で自分で扉を開けられないけれど、「家族命」なのでどこにでも付いてきたがります。

なので、どこでもワンコが自由に移動できるように扉をあけておきたい!
でも、開けた扉が邪魔にならないようにしたい!
・・・・・というわけでスライド扉を選択しました。

ただ、行動を制限したい時もありますよね。
しかも、うちの子達は東京の家では階段の上り下りをした事がなく、階段に慣れてないときてる。

もし興奮した時に階段を駆け下りて、足を踏み外して下まで転がり落ちたら命にも関わり兼ねません。

というわけで、階段の下と上に腰高の開閉式ゲートをあらかじめ建具で付けてもらうことにしました。
「2階に上げたくない時」
「(来客などで)リビングに降ろせない時」などに活躍するハズです(たぶん)。

<シャンプー>
我が家のトイプードルの皆さんの大事なお仕事。
それは月1回のトリミングと週1回のシャンプーと毎日のブラッシングです。

こればっかりはプードルに生まれたからには仕方ありません。是非頑張って頂きたい。
飼い主だって、頑張ってやっております。

ただ、頻度の高い事だから、犬も飼い主も少しでも楽にやれるに越した事はないので、なんとか工夫したいのです。
トリミングはサロンに出すとしても、週1回(我が家の場合)のシャンプー&ドライが最大の頑張りドコロ。

小型犬なので洗面所のシンクで洗うのだけど、これまでのシンクは下が平らでなく、シャンプーが付いた犬がしょっちゅうツルツル滑っているのが気になっていた。
そこで、選んだのがコレ
TOTOの病院用流しです。
これなら、底にスノコやラバーマットを敷けば、滑りません。


まだまだ、考えれば色んな工夫ポイントは出てくるハズ。
ネットにはたくさんの愛犬家住宅の先輩がいらっしますので、情報収集頑張っていきまーす。
スポンサーサイト
[ 2011/05/01 20:46 ] 設計 | TB(0) | CM(2)
No title
階段下のワンコスペース、良いアイディアだなぁ。
うちは基本は外犬だけど、もう少し犬と人と快適に暮らせるように建て替えたいわ…
[ 2011/05/02 13:34 ] [ 編集 ]
No title
階段下、うまく収まるといいな。
まだまだ、いろいろな工夫ができるはずだから、今はネットサーフィンしまくて情報収集中です。
完成したら見に来て~。
[ 2011/05/03 22:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。