軽井沢移住LIFE

東京生まれ東京育ちの私と主人。母と犬達を連れて、思い切って軽井沢に移住しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

基本設計終わりました

先月末あたりからスタートした基本設計も、「やっと」というか

「もう?!」というか、とりあえず終了しました。




その間、わずか2〜3週間。

このように我が家はとんでもない短期間だったわけですが、

普通はどうだろう?

2〜3か月くらいはかかるんじゃないだろうか。




要は、間取りとか大きさとかテイストとか・・・・。

一番おおもとになる部分の設計であり、

素人である施主が一番楽しいところとでもいいましょうか(笑)

とにかく、素人的に見れば「家づくりの醍醐味」といえる部分です。




ですから、普通の人なら「あーでもない」「こーでもない」と

夢を膨らませつつ、右往左往しながら決めていく部分を、

うちは・・・もうお恥ずかしながら、わずか2週間の、

それも2回の打ち合わせで決めちまいました。





といっても、精度が低いとか、いい加減とかじゃないですよ。

我が家の場合は、最初から間取りも大きさもほぼ決まってましたし、

なにを隠そう3軒目の家づくりなので、ある種の慣れのようなものも

あるって感じでしょうか。




「家づくり」ってなると、誰しもすごくこだわりたくなるんだけれど、

さすがに2回経験があると、

「建てる時こだわったけど、住んでみると意外とどうでもよかった所」とか

「地味に影響が大きいから、実はこだわるべき所」とか

そういう自分なりのポイントが分かってくるって感じかなぁ。





そういう意味で、決めるのが早いってのが大きい要素でしたので

通常の方は基本設計だけでも2か月くらいはみたほうがいいと思います。

そもそも、あまりに時間的猶予がないのは、設計士さんに酷すぎます(;^ω^)
菊池さん、ごめんね)

良い方なので受けて頂けましたが、普通なら断られるはず。

みなさんも、時間には余裕をもって動きましょう。





というわけで、できた基本設計。

ひとまず全景はこちら。
RIMG0001_convert_20151029151218.jpg
色がついてないと、ちょっとイメージは難しいかな?





でも、とにかく今回もシンプルモダンな方向で行こうと思っております。

外壁は、今の家がガルバリウムで「鉄!」って感じの外壁なので、

今度はジョリパットっていうモルタル(?)を使う予定。

あとは、玄関部分と、ベランダ上下部分に木部があってアクセントに。

色がつくと、パキっとする予定・・・・ではあります。





でもって、そもそも今の家を売ることになった原因の1つが

「ピアノの生徒さん専用の出入り口がほしい」でした。

それを解決した図面がこれ。
RIMG0003_convert_20151029151229.jpg



分かりますかね?

これ、1階部分の平面図です。

図面の左側に、飛び出た箱のような部分が上下に2つありますね。

これ、下が玄関で、上がピアノ室への入口になってます。

庭からのアプローチは、2つの箱の真ん中に。

そこで分かれて入ってくるイメージです。




玄関はともかく、ピアノ室への入口にあたる待合室については、

本当はコンサバトリーみたいな雰囲気にしたかったんだけど、

「冬、どえらく寒い」

「防音機能ほぼない」

以上の2つの理由から却下になり、結果としてがっつり壁を貼った

デザインとなりました。(もちろん、窓はあるよ)





でも、結果としてはこっちの方がよかったと思う。

今回はピアノ室の側に家があるので、防音には一番気を遣うところ。

これによって、ピアノ室自体がかなり日当たりが悪くなっちゃうんだけど、

そこは許容範囲です。

明るさに関しては、北側に窓を3つ付けることで対応して。

あとは、レッスン時以外は可動壁を取ってリビングとつながるので、

リビング側からの光で明るくなる予定なのです。




というのが、ひとまず設計のご紹介第一弾。

また色々ご紹介するので、待っててくださいね。



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
[ 2015/10/30 12:00 ] 設計(Ⅱ) | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。