軽井沢移住LIFE

東京生まれ東京育ちの私と主人。母と犬達を連れて、思い切って軽井沢に移住しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ちょっくら出掛けてきます

明日6日に、母のピアノ教室の発表会が終わったら

母と一緒に6日ばかりちょっくら南の方に出掛けてきます。



ロコさんとリカさんは、今回はお留守番。

世話係として旦那君がすでにスタンバっております(;^ω^)




しかし。

普段犬の世話を全くやり慣れないから非常に不安気な旦那くん。

そして、普段やられ慣れてないから、これまた非常に

不安気なロコさんとリカさん。



両者とも、そこはかとない緊張感に満ち溢れています。




頑張れロコさん、リカさん!!

旦那くんのこと、よろしく頼むよっ。

多少の粗相は目をつぶってあげて下さい。

なんせ不器用な男なもんで・・・(爆)




というわけで、またもやブログの更新が滞りますが、

帰ってきたらまたUPしますね~!!
スポンサーサイト
[ 2013/10/05 16:33 ] おでかけ | TB(0) | CM(2)

布引観音@小諸

お出かけ第二弾は、こちらも近場。

小諸の布引観音に行ってきました~。

佐久のパラダで散歩した後、そのまま高速に乗ってしまって

わずか15分くらいで到着。





千曲川沿いの道に小さめの駐車場があって、そこから

かなり険しい階段が続きます。

あまりメンテナンスはなされてない道だし、階段そのものも

段差がバラバラで、しかも1段が高い。そして急こう配。



体力不足の方だと、ちと厳しめかもしれません。

もちろん、休みながらなら登れますけどね。

小さな子供も、お年寄りも、皆さん登ってらしたので。





しばらく登ると、山門が現れます。
RIMG0140_convert_20130505220619.jpg
かつては、この山門を通って布引観音まで行けたらしい

ですが、今はここは通れません。

山門は見るだけです。




そして。

更にもう少々頑張って、あとちょっとの所がこの通路。

おそらく、かつての人々が手掘りで開けた穴でしょう。
RIMG0149_convert_20130505220707.jpg
背が高い人だと、頭ぶつける高さなのでご注意ください。




やっと見えた~!ヽ(^o^)丿

これが、布引観音の遠景です。
RIMG0145_convert_20130505220847.jpg
岩肌に張り出すように建てられた古いお堂です。

構造としては、小さめの清水寺っぽい。

でも、風景はとても中国っぽいですよね。




お堂の中はやや薄暗いので、外が明るく見えますね。
RIMG0152_convert_20130505221007.jpg



このお堂、下から見るとこうなっています。
RIMG0158_convert_20130505221129.jpg
分かります?上の方に小さく見えるのがお堂です。

どんだけ高いんだ。

この柱、どんだけ長いんだっ。

と、めちゃくちゃ驚きますよね。

ほんとに、ここだけ異空間のような場所でした。






そして・・・。

何が大変だったって・・・・。

こちらの場所、犬連れでも行けますし、実際に柴犬ちゃんとか

わんちゃんも見かけましたが、みんな自力で頑張って登って

いた子ばかりでした。

が。

うちのは根性なしの子達なので、最初から最後まで一貫して

抱っこ犬だったんです・・・(泣)

何もなくてもキツイ道中なのに、更に重し付きというトレーニング。

きつかった~~。





でも。

近場ですんごい異空間を体験できて、ここは面白くておすすめです。

健脚の方、いかがですか。

駐車場からは片道20分程度でした。是非!!



人気ブログランキングへ
[ 2013/05/05 22:30 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)

犬の散歩にもGOOD!佐久平パラダ

久しぶりにゆっくり滞在した軽井沢の家も、とりあえず

明日一旦離れるので、今日は近場で色々お出かけして

みました。




まずは、犬の皆さんのお散歩を兼ねて行ってみた、

佐久平ハイウェイオアシスです。

ハイウェイオアシスは、高速道路のSAから直接出入りできる

公園などのような物を指すそうです。

ちなみにここは、パラダというスキー場と公園がセットに

なっている場所。

もちろん一般道からもアクセスできますし、追分からだと

大変近くあっという間でしたよ。15分くらいでしょうか。




眼下に見えるは、佐久の町です。

高速道路のSAから来る方は、ここに写る長い長いエスカレーターで

上がってくるみたいですね。
RIMG0131_convert_20130505175929.jpg



中に入っていくと、レストランやお土産店など入ったメインの

建物があって、その裏がスキー場という配置。

スキー場は、こじんまりしてますが別に散歩だからOKっす。
RIMG0110+(2)_convert_20130505180034.jpg




さて。

今日は途中までリフトで上がってみましょうかね。
RIMG0119_convert_20130505180131.jpg
散歩するだけなら、正直、このリフトは乗らなくても

全然Okとも思います。

徒歩でも上がろうと思えば普通に上がれるし、犬の散歩に

適したアスレチックの森の方は、またこことはちょっと

場所が違うのでね。

まぁ、今回は気分、気分(笑)





でも、やっぱり高いところからの眺めは気持ちいい。
RIMG0122_convert_20130505180238.jpg




この後は、ゲレンデ部分を少し歩いて下りて、途中から

アスレチックの森の中に突入。
RIMG0128_convert_20130505180419.jpg
木々の中に、たくさんの楽しそうな遊具が点在してました。

そして、元気ありあまる子供たちを放牧している保護者も

所々におられました。



分かるわ~(笑)

私が親なら、心の中で「遊べ~、もっと遊べ~、そして

疲れろ~、体力を使い果たして帰ったら大人しくしてくれ~」

とか思いそう。←ダメですか?





その中に、ドッグランもあります。
RIMG0132_convert_20130505180354.jpg
山の斜面部分なので、随分と段差はありますが、元気な

犬なら楽しめそう。

うちの子達はドッグランにちっとも興味がなく、仮に入っても

まったくランしてくれない事が確実なため通過・・・・。

ちなみに、大型犬と小型犬でスペースが分かれていました。




子供が楽しめる施設や設備が多く、小さな子供連れには

まずよさそうですね。

大人は、別に何があるってわけじゃないですけど、眺めが

いいし駐車場も入場も無料ですから(リフトとかは有料)

ぷらっと来て犬の散歩するにはいいですね。



何より、うちから近いし、いつもと違うところでお散歩って

時には重宝しそうです。



人気ブログランキングへ
[ 2013/05/05 18:10 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)

犬連れ京都旅行③

なんか、毎日UP出来ずにスミマセン・・・m(__)m

京都の件は、やっとこれで最後になりまーす。





嵐山近くのペット連れOKのペンションにお世話になった翌朝。

この日は軽井沢に向けて帰る日だったので、なるべく早めに

色々済ませたくって、朝食前の早朝に嵐山の中心部へ。

日中は人で一杯になってしまう嵐山も、さすがに早朝なので

人はまばら。大正解でした(^-^)



定番の竹林の道。
RIMG0109_convert_20121112151853.jpg

京美人犬(笑)
RIMG0114_convert_20121112151955.jpg






で、ペンションに戻って朝食を済ませチェックアウトして、

軽井沢に帰る前に宇治に寄るんですが、その前に、どーしても

買って帰りたかったお店へ。



そう!京都の超超人気店「出町ふたば」~♪
RIMG0128_convert_20121112152116.jpg
平日10時頃でこんな感じ。

これでも、相当空いているらしいです。

そして無事お目当ての豆餅(豆大福)ゲット!!!!
RIMG0138_convert_20121112152313.jpg
これが、ほんとにうんまーーーーーい!!

本当に豆が美味しいんですよ。豆大福でこんなに美味しいの

初めて食べたかも。さすが有名店ですねぇ。






そして、買う物買ったので、心残りなく市内を後にして

一路宇治へ。



が!

ほんとは見る予定だった平等院が工事中という体たらく…(T_T)

これはリサーチ不足だった。ぬかった。

せっかく来たのに・・・。

 


でも仕方ないので、もう1つリサーチしてたお店の方へ。

こちらは「中村藤吉本店」さん。
RIMG0133_convert_20121112152218.jpg
ここは、この奥に茶房があって、そこが人気なんですよね。

お昼前でもほぼ満席でした。

そして、こちらはテラス席は犬連れOKなんです。

こちらで茶そばと薄茶を頂いて、お抹茶も買って満喫。





これにて全工程終了となりまして、一路軽井沢へ向かいました。

がんがん走って、夜9時前に帰宅しました~~。

いや~疲れた。遠かった。楽しかった。

でもやっぱり、家が一番だった(爆)




しかし、3日半留守にしてたんですけど、普段は全然

気付かないんですが、3日半ぶりに玄関に入ってみると

木の香りというか新築の香りがして、改めてビックリ。

毎日いると気付かないもんなんですね~。




とにかく、犬連れで京都に行くという無謀な旅も無事

終了しました。

何はともあれ、犬のみなさんお疲れ様でした(爆)




人気ブログランキングへ
[ 2012/11/12 15:42 ] おでかけ | TB(0) | CM(2)

犬連れ京都旅行②

初日に疲れ果て、琵琶湖畔の旅館で英気を養った

翌日2日目。




この日は、前日にパスした清水周辺の産寧坂・二年坂

周辺の散策から。

人も多いのと、階段がやたら多い所なので、カートは

諦め、この日はロコリカさん達をスリングに入れて

出発です。
RIMG0077_convert_20121109112336.jpg

RIMG0082_convert_20121109112607.jpg

RIMG0085_convert_20121109112655.jpg

RIMG0088_convert_20121109112746.jpg
正直、観光客向け(ややもすれば修学旅行生向け)のお店が

多いので、何か買うって事はなかったんですが(^^ゞ、

でもそぞろ歩くには雰囲気があっていい所ですね。







そして、のんびりと散策を済ませたら、移動。

2日目の日程で一番楽しみにしていたランチです。

場所は五条の橋のすぐ近く。

完全予約制で、しかもなかなか予約が取りにくいと評判の

「半兵衛麩」さんです。

ここは、名前通り老舗のお麩専門店なんですけど、本店にだけ

茶房があって、そこで「むし養い」というコースを頂く事ができます。

というより、この1コースしかありません。

「むし養い」というのは、元々、「お腹の虫(空腹)をなだめて

静まらせる」という意味だそうで、要は空腹を抑える程度の

軽めの食べ物・・・・という事だそう。

でも、このコースは十分満足の量でしたけどね(^-^)
RIMG0095_convert_20121109113216.jpg

RIMG0097_convert_20121109113415.jpg

RIMG0098_convert_20121109113503.jpg
まだこの他にも2~3品あったのですが、写真は無し(^^ゞ

あまりに美味しくて、さくさく食べてしまったのです。

これら、ご飯を除き、ほぼ全てお麩(一部湯葉)ですよ。

色々な調理法を用い、「これもお麩?!」という新鮮な

驚きが続きました。




いやぁ~、お麩のポテンシャル素晴らしいです。

可能性広がりますね~。

元々お麩好きですが、ますます好きになりました~♪

私達が行った時間帯も勿論満席で、大勢の女性客が

いらしてました。(男性客も少々はおいででしたよ)

特に女性なら、ここのお店は大変おすすめです。




今回は10月のしかも平日だったので、1週間前で予約が

取れましたけど、ピーク時に行かれる場合は早めに

予約される事をオススメします。

(まあ犬連れで行く人もいないでしょうが)このお店のすぐ近くの

大通り沿いに屋根付きのタイムズがあるので、駐車場ならそこが

オススメ。







さて。

いたく満足した素晴らしい昼食の後は、お土産買い出しも兼ねて

錦市場を目指します。

今夜の宿には夕食がついてないので、夕食の買い出しも兼ねてね。
RIMG0103_convert_20121109113603.jpg
錦市場って初めて行ったんですけど、思った以上に狭い道なんですね~。

ビックリしました。

こちらで、お土産用のお漬物の宅配を手配し、夕食の買い出しを

済ませ、一路嵐山へ。






2日目の宿は、嵐山(のちょっと手前)にある、K-yardさんという

ペンションです。
RIMG0125_convert_20121109120713.jpg
ここは、犬連れ京都旅行を計画される人には大変有名な宿です。

(なんせ、京都は犬連れで泊まれる所が少ない)

ミニキッチンも付いているし、宿の前がスーパーなので

手作り食派のおうちも安心です。

室内もシンプルながら清潔で、必要十分でした。



また、芝生の貼られたドッグランも売りの1つのようですよ。





ただ、チェックイン時の説明で「芝生が枯れるので

ドッグランはおしっこ禁止です」と言われまして、

宿の敷地内にあるトイレ場所を案内して頂いたんですよね。

勿論、ここに限らずランに入る前には排泄を済ませるし、

なるべくさせない努力はしますけど、よそのワンの臭いが

いたる所にする自分ちじゃない場所で、「禁止」と言われたら

ちょっと難しいですねぇ。

確率を下げる努力はするけど、ゼロには出来ません。

うちは「シート以外は排泄禁止」という方針で育ててないから。





男の子ならマナーベルトって手もありますけど、うちのは

女の子ですからね・・・・。

オムツになっちゃうよ(>_<) 無理無理。

(実際に、宿の方から「もししちゃう可能性があるなら、

マナーベルト付けて下さい。あ、女の子ですか・・・。

じゃあ下半身にトイレシート巻いてみるとか」と言われた。

正直・・・・・絶句)





ここ以外でも芝生のランってお邪魔した事あるんですけど、

どこも「おしっこしちゃったら、このお水(消毒液など)を

撒いておいてね」というスタンスでした。

ここの宿も、「もし万が一してしまった時用」って事で、ランの

周囲にたくさん消毒液入りペットボトルが置いてあったけど、

でも、「原則禁止ですので」と釘をさされる(^^ゞ




なんだかなぁ~。

・・・・だったら芝生にしなきゃいいのに・・(心の声)。

もしくは、宿のHPにあらかじめ記載してほしい。

うちは、家が軽井沢という田舎にあるし家にドッグランがあるから

ここで遊ばなくてもどうでもいいけど、都市部の方なんかは

宿のドッグランを楽しみにして来る人も多いハズ。

それで、行ってから「排泄禁止!」と言われと、その人の

規範意識にもよるけど、気にしてランを使えない人もいるだろうに。



我が家は、それで文句言われると不愉快なので、使いませんでした。

(うちの場合はランを求めてないので、問題なし)




・・・・・という、ちょっと釈然としない気分になった

2日目の夜でした(^^ゞ



人気ブログランキングへ
[ 2012/11/09 12:44 ] おでかけ | TB(0) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。