軽井沢移住LIFE

東京生まれ東京育ちの私と主人。母と犬達を連れて、思い切って軽井沢に移住しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

建具のデザイン

現場の方も、内装の段階に入ってきてまして、

工務店さんから「そろそろ建具の色・素材を決めて

下さい~」とのプッシュが。


急かされていますので、本日、設計士さんと共に

さくさくと決めてまいりました。




まず、素材。

ほんとはね~、扉や家具なんかは、本当の木で造れたら

雰囲気もいいし高級感も出るし、いいんですけど。

いかんせん、我が家には犬×2が。

しかも今は小型犬だけだけど、新居では大型君との

生活も夢見ています。

するとね~、やっぱり素材の「強度」が何より重視

されるのです。


なので、事前に一級建築士の友人にアドバイスして

もらったのが『アイカ工業』さんのメラミン化粧板。

設計士さんに、こちらから指定させてもらいました。



設計士さんの方で選んだ色見本がズラリ。
RIMG0001+(19)_convert_20120131160424.jpg


ここから、1枚ずつ除外していって~・・・。

はい、コレに決定。
RIMG0003+(17)_convert_20120131160505.jpg
ちなみに、下の白木っぽいがフローリングの色見本で、

決めた色見本の左にあるのが壁の色見本。

全体のバランスも良さそうです。




こうして、

『木じゃないけど木っぽく見せたい建具の色』は決まったけど

そもそも肝心なのが、『どの建具を木っぽくしたいのさ?』

ということ。


扉は勿論そうだけど、キッチンやダイニングに造作してもらう

家具もあるから、どこまで木っぽく(要は茶色)して、

どこを白にするのか??



これって、やたら想像力を必要としますよね。

全部の選択肢を図面で見ながら選べれば楽だけど、

うちの設計士さんの事務所のプリンターが調子悪く、

図面打ち出しができなかったそうで(>_<)


必死で頭の中でイメージ・・・・。




ちなみに、我が家のキッチンとダイニングテーブルはコレ。
キッチンハウス

でもって、フローリングが無垢板のクリア(色なし)。

となると、全体的に結構白の比率が高いかな?という事で

キッチン背面の収納棚とダイニングに置く腰高の収納棚、

造作家具はすべて「木っぽく」することに。
RIMG0008+(20)_convert_20120131160551.jpg
※あとから、図面プリントしてもらいました。プリンター復活。



この選択が成功かどうかは、実際に家具まで置いてみないと

正確には分かりませんが。

ウマい具合にバランスが取れる事を祈って(^^ゞ

乞うご期待。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[ 2012/01/31 16:40 ] 設計 | TB(0) | CM(0)

キッチン決め②

昨日の記事の続きです~。

キッチンハウスさんでの詳細決定の後半戦。



残り2つのキッチンのこだわりが、食洗器と水栓。



まず、食洗器から。

今回のキッチンを作るにあたり、譲れないポイントだったのが

幅60cmのミーレの食洗器を入れること。

前の家でも使っていて、使い勝手も最高でお気に入りでした。

幅45cmの商品もあるけれど、60cmサイズがピッタリ。

これだと、食器と一緒に、まな板から鍋・フライパンまで

全部一緒に洗えて最高に便利なんです。



ただ残念な事に、今年の半ばくらいから、ミーレが販売方法を

変更したらしく、個人客しか買えなくなったんです。

なので、キッチンに事前に組み込んでから、キッチンごと新居に

搬入する事が出来ないのです。

(この場合、一旦キッチンハウスが購入することになるから)



どうしてもミーレにするなら、キッチンの食洗器部分を空洞に

したままキッチンを作って設置してもらい、その後別途で購入した

ミーレの食洗器をはめ込むしかありません。



そうなると、キッチンの仕上がりの細部に不安が出る事と、

パネルの色なども合わせられなくなる為、泣く泣く諦めて

代わりにAEGの同サイズの物を入れていました。



が。

今回ショールームで相談してみると、キッチンハウスさんでは

以前通りルート販売をしてくれる事になったそうで。

(キッチンハウス経由の販売台数が大変多く、ミーレも無視

出来なかった・・・というのが裏事情のよう)

ただ、ミーレとしても個人向け販売のみにした以上は、

業者に販売する場合でも納入価格は個人向けと同じとする

…という事らしいです。


なので、工務店を通して3割程度下がったとしても

7~8万円の金額UP。


どうするかなぁ~と思いながら、ショールームにあった

両社の商品を見比べてみることに。



こちらがミーレ
RIMG0026+(4)_convert_20111210175312.jpg
ミーレは中が3段あって、薄い最上段が使いやすさの

最大のポイントだと個人的に思います。

ここは箸やフォークなどカトラリー入れ。

この平べったい段に、包丁からコーヒースプーンまで

横に並べるだけ。めちゃくちゃ入りますよ。



でもって、こちらがAEG。
RIMG0024+(3)_convert_20111210175218.jpg
中は2段しかなく、箸などは下段に置いてある

不思議な形のケースに立てて入れる…と思われます。


ケースを取り出してみると、こんな形。(微妙だ・・・)
RIMG0025+(4)_convert_20111210175352.jpg
そもそも、ケースに立てていれる場合、長い菜箸とかがちゃんと

入るかなって思うし、箸を収めたケースを下段に置くって事は、

その場所にお皿が入れられなくなるって事では???

・・・・・・なんか本末転倒(^^ゞ


結論:
見れば見るほどミーレがいいんですけど


という事で、その場にいない旦那はんに事後承諾を

取る事を勝手に決めて(笑)食洗機決めは終了。





次は水栓金具。

今回、我が家のキッチンに入れたのは、INAXのナビッシュ

という水栓です。(画像はメーカーHPからお借りしました)
ナビッシュ
これの最大の特徴は、タッチレスであること。


これまでのキッチンで不満だったのが、汚れた手で水道の

蛇口を触るのが嫌だった事。

揚げ物の衣付けていたり、生肉触った時とか・・・。

それに、キッチン掃除をしてシンク廻りをせっかく拭き上げた

のに、最後に手を洗って蛇口閉めると、蛇口の下にまた水が

たれる・・・とか。


そんな事がすべて解消しま~す♪


蛇口の上部にある黒い部分がセンサーで、ここに手をかざして

水を出したり止めたりできるんです。

だから、汚れた手でも問題無いし、キッチンに水もたれない!


カタログ見たら浄水器一体型もあったので、こちらにしました。

シンクに水栓が1つで済むからスッキリするし。



ここまで決めて、やっとキッチンのすべての仕様が決定しました。

自分としては、納得の仕様になったと思います。

もう、出来上がる前から、すでに大満足(*^_^*)



すっかりいい気分で、さ~て帰ろっとショールームを出る時。

ショールームの入口で置いてあるチラシを何気なく見たら。

まさかの二度見!


だって、

『150万円以上のEVALTシリーズのキッチン買ったら、

同じシリーズの20万円分のダイニングテーブルプレゼント』


って書いてある!!

おそるおそるチラシをキッチンハウスの担当者に差し出すと

「あっ、そうです。どうぞどうぞ。テーブル差し上げます」

ですって~~~♪

やったぁ~~~\(^o^)/



これで食洗機の金額UPがチャラになったじゃないのっ。

旦那はんに説明しやすくなるってもんじゃないのっ。



ってことで、色々大満足で最後にラッキーだったキッチン決め。

完成が楽しみです~。


人気ブログランキングへ
[ 2011/12/10 18:57 ] 設計 | TB(0) | CM(2)

キッチン決め①

今日は待ちに待った、キッチンのショールームでの

詳細仕様の決定でした。

やっぱり、キッチン決めはウキウキするものですねぇ




我が家のキッチンは、キッチンハウスです。


設計段階では、評判のよいIKEAのキッチンも検討

したんですけど、組み立てサービスのエリア外で、

大工さんに組み立ててもらわないとならず。

設計士さんとも相談して、泣く泣くIKEAを諦めました。



今回導入したのは、

キッチンハウスのEVALTというシリーズ。

キッチンハウスさんの中ではお安めのシリーズです。

特徴は、メラミン材であること。

高級感なら他に素敵なシリーズはたくさんありましたが

結果として大正解だったと思ってます。




いそいそとショールームへ。

場所は群馬県の藤岡です。

キッチンハウスの工場に隣接したショールームでした。
RIMG0013+(15)_convert_20111209181702.jpg

RIMG0016+(8)_convert_20111209181748.jpg
中にはリッチでオプション満載のキッチンがいくつも

展示されています。見ない見ない・・・(笑)



肝心の、我が家に入れるEVALTの展示は無いのですが、

扉・天板ともにオール白に決定。

建具の木とのバランス、清潔感を考えて白になりました。
RIMG0022+(4)_convert_20111209181940.jpg
写真だけど、こんな感じ(反射しててゴメンサイ)。



このキッチンハウスのメラミン素材。

めちゃくちゃ丈夫で、尖った物でガリガリしても殆ど

傷も付かないと思われます。

200度以上まで耐久なので、熱した鍋を直接置いてもOK。

白の天板だと一般的に人造大理石が多いですが、人大だと

年数経つと黄ばんだりするらしいのですが、メラミンだと

10年20年でもちっとも劣化しないそう。


毎日使う物ですからね。

オシャレだったり…も大事だけど、頑丈でないと。




取っ手も色々な選択肢から選べるのだけど、至ってシンプルに

マットなこの取っ手に決定。

RIMG0029_convert_20111209182122.jpg
全体に上の金具を。

シンク下の両開き扉だけは、タオルを掛けるので下の金具。



後は、シンクに水切り皿を追加。
RIMG0017+(6)_convert_20111209182241.jpg
今度のキッチンはオープンな対面キッチンなので、

ビジュアル上どうしても洗った食器を入れるカゴを置けません。

基本的には食器洗浄機で洗うので、ここに置くのは少ないハズ

だし・・・って事でカゴの代わりにコチラを。



とういう感じでキッチンの全体像が決まりました。

長くなっちゃうので、ひとまずこの辺で。

食器洗浄機と、予想外のラッキーについてはまた次回~♪


人気ブログランキングへ
[ 2011/12/09 18:59 ] 設計 | TB(0) | CM(0)

外装系すべて色決定

上棟式に向けて、大工さん達相当頑張って前倒しで
進めてくれていたので、先週は少々お休みが多くて
見た目あんまり進捗しておりません。



が。

そんな中、外装関係の色はすべて決定しました。



屋根は、一番最初に張られる外装材なので結構前に
決定していまして、こんな感じに。

色はダークグレーだけど、パッ見普通に黒ですね。
RIMG0010+(10)_convert_20111030145447.jpg



ここに、外壁はガルスパンのビターブラウン。
ガルスパン


・・・と、ここまではスムーズに決まったんですが。

一番悩んだのが、サッシ枠の色です。


外壁がこげ茶なので、全体的に見た目が重たくなりがち。
そんな中で、さし色として明るめの色目にしようかとも
思ったのですけど・・・。
なんか、いい色がない。
我が家が選んだ商品だと、明るいっていうと白かシルバー系に
なっちゃうんで、ちょっと違うんですよね~。



我が家は、南から見るとこんなデザイン。
RIMG0008+(7)_convert_20111030145150.jpg
この絵では、とーーーっても分かりにくいですが、張り出した
屋根を支える為に、ウッドデッキに6本くらい柱が立ってます。

それと、吹き抜けの1階部分と2階部分の窓の間にも杉板を張る
予定で、それらにはすべてキシラデコールという塗料を塗ります。

なので、このキシラデコール塗布部分に、多少明るい色をつける
事で、「見た目の重さ」に関しては解決する事にして。

結局、サッシ枠は外壁と同化する「こげ茶」に決定。

やっぱりね、1つの面に3つ以上の色は使いたくなかった(^^ゞ



でもって、こちらは北から見た図。
RIMG0009+(3)_convert_20111030145542.jpg
左側の白い部分は車庫部分で開いてるだけなので無視して下さい。
右側の玄関部分の扉以外が白くなっていますが、ここは左官
仕上げの白い壁。

ただでさえ日が指しにくく暗い北側なので、ここはこげ茶の
外壁材ではなく、ジョリパットの白い左官壁になりました。



・・・という感じが、我が家の外装材です。

果たしてバランスよい仕上がりになるでしょうか。
左官仕上げの壁がどんな感じになるか少々不安もあるんだけれど
設計士さんの助言を信じてやってみましたよ。

さぁ~、乞うご期待!!(笑)



次は、照明プランを決める事になるようです。



人気ブログランキングへ
[ 2011/10/30 15:51 ] 設計 | TB(0) | CM(0)

工務店決定

先日の25日に出揃った相見積もりの結果ですが。

本日、設計士さんが、入力ミスや異常値が無いか確認した結果を持ってきてくれました。



結果は既に知っていたので、
「いくらなのっ!?」
というタダならぬ緊張感はありませんが、
最も低い価格を出していた工務店の見積もりに抜けや異常値が無い事を祈りつつの打合せでした。



今回の相見積もりは4社の工務店に依頼していました。
2社ずつ、設計士さんと我が家からそれぞれ推薦して出した業者さんです。

結果としては、1社だけが突出して高かったですが、残りの3社は割と良心的価格だったと思います。
その中から、1番目と2番目に安い見積もりを出した工務店の中で検討する事になりました。



その2社は、設計士さん推薦の工務店1社と、我が家が推薦した工務店1社。
特に、我が家推薦の業者さんは独自工法を売りにしているところで、こちらの業者さん施工の家にお住まいの施主の方々の満足度もとても高い…と伺っていたんです。

やっぱり、実際に住まれている方の意見、口コミって大事じゃないですか。
大きな買い物だからこそ、口コミは大事にしたい。

正直、工法については素人だから、独自工法と一般在来工法で具体的数値でどの程度違うのかなんて分かりません。
が、住んでる人が満足している・・・という事はとても評価できるポイントでした。
とにかく最後まで相当迷ったんです。



で。
結論としては、設計士さん推薦の工務店に決まりました。


理由は。
まず単純に、一番安い価格を出してきていた点。
適正価格と思われる価格より、さらに下回ってくれていました。

それと、設計士さんが以前こちらの工務店と一緒に仕事をした時に、大変いいお仕事をしたという点。
施主さんも大変満足されていました。

そして最後に。
見積書の精度がとても高くて丁寧だった点。



それが何??という意見もあるかもしれませんが(^^ゞ

4社の見積書を見ましたが、本当に、会社ごとに相当違います。
どこがどう違うから決めたのか・・・というのは省きますが、一番安い価格を出してきた会社が
一番丁寧で誠実な見積書を出してきたというのも大きなポイントでした。



・・・というわけで。

やっと、なんとか、めでたく施工会社を決める事ができました~!!

まだ具体的には何も建ってないんだけど、いやぁここまで長かったぁ。
特に、我が家は、前の家を引き払ってから新居の設計に取りかかっているので、仮住まい期間が長いのですよ。
正直、仮住まいに落としているお金は無駄なわけだから、一刻も早く新居に移りたい!!

そのための、大きな一歩がまた今日進みました~


人気ブログランキングへ
[ 2011/08/28 22:58 ] 設計 | TB(0) | CM(16)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。